「千葉県倫理法人会 会長からのご挨拶」へ
「県役員・組織のご紹介」へ
モーニングセミナーの紹介 倫理法人会とは 県内単会一覧 会員の方へのお知らせ ご入会の流れ お問い合わせ
千葉県倫理法人会広報委員会特別企画の「長太郎物語」の連載がホームページで始まります
『倫理ちば』のバックナンバーはこちらから
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
岡田浩・由紀 ご夫妻 君津市倫理法人会
岡田浩・由紀 ご夫妻
  お二人の出会いは入会してそれぞれ初めて参加した平成21年11月3日のモーニン グセミナーでした。その後もほとんど毎週モーニングセミナーで顔を合わせていましたが恋愛感情は全く在りませんでした。というのも当時、浩さんは真面目に仕事をされてはいましたがご商売に失敗されて前妻との家庭もうまく行かずの転落人生を過ごされ何とか立ち直りたいという思いで倫理法人会に参加されていました。
 由紀さんはというと入会されてから倫理の学びが面白くて面白くて各単会を周り学びながら沢山の倫友と親交を深めていました。初めて受けた倫理指導の際に指導者に伝えたのは「父上を認める事が出来ず親なんて居ないもの、自分一人で生きてきた、親に頼るつもりは無い。」でした。「あなたは根っこが腐っている。」という厳しい倫理指導を貰いなんてひどい事を言うのかと思いましたが指導された父親の足洗いをする実践をしてからから父上を許せる気持ちに変わっていったそうです。
 入会時期がほぼ一緒で単会での役割が近い事もあり話す機会も増えてきてお互い好意が芽生え始めてはいましたが環境が全く違うお二人はそれぞれの倫理活動をしていて、それ以上の接点はありませんでした。
 
 平成23年3月11日の東日本大震災の3ヶ月後の6月に浩さんは止むに止まれぬ気持ちに成ってふいと一週間、ボランティア活動に参加しました。土砂をかき分け掘り起こし亡がらを供養をする作業ではご遺体一人一人に生前の人生を垣間みて運命の儚さに涙を流した。同時に誠の愛とはどういうものかという思いに溢れたそうです。我慢して人生を終わらせたく無いこのままではいけない!と思い地元に帰ってから直ぐに前妻から求められていた離婚届けに判を押しました。浩さんは当時、これからは一生涯一人で暮らす事になるのかと淋しい気持ちに成っていたそうです。
 そんな浩さんを勇気づけたいと由紀さんは思う様になりました。ある時、風邪をひいたと浩さんから連絡を貰った由紀さんはアイスクリームなら食べられるかなと 思い差し入れをしました。由紀さんから貰った気持ちが嬉しくて美味しくて自宅で一人、4つも食べてしまった浩氏は急に胸が痛くなります。由紀さんに電話した 所、直ぐに心配して駆けつけてくれた。お互いを思いやる気持ちに気づいたその時から急速に愛を育まれたそうです。

 お付き合いが始まってからはそれぞれの会社を経営されながら時間を置かずにご結婚をされ現在一歳の息子さんと共に幸せな家庭を築いていらっしゃいます。
 
 共に君津市の研修委員長、副委員長をされているご夫妻は子育てをしながらお互いを励まし合い夫婦道の実践をされています。

 由紀さんは「こんな人ばかりだったら世の中幸せなのに。」と大らかな浩さんの魅力を伝えてくれます。ちょっとしたけんかには成るけど引きずらない明朗な夫を怒る気持ちになったら自分が負けと互いに美点発見の実践をされて笑顔溢れる岡田夫妻です。
 マニュアルに乗っ取った素晴らしいモーニングセミナーで有名な君津市倫理法人会では岡田夫妻がご一緒に参加される際には幼児の声が聞こえる時がございます。 倫友が育んだ愛から産まれた素晴らしいその声は現在君津市の名物にも成っているようです。
トップページへ
 
ページ先頭へ
前のページへ

千葉県倫理法人会のトップページへ 千葉県倫理法人会のサイトマップへ