「千葉県倫理法人会 会長からのご挨拶」へ
「県役員・組織のご紹介」へ
モーニングセミナーの紹介 倫理法人会とは 県内単会一覧 会員の方へのお知らせ ご入会の流れ お問い合わせ
千葉県倫理法人会広報委員会特別企画の「長太郎物語」の連載がホームページで始まります
『倫理ちば』のバックナンバーはこちらから
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
千葉県倫理法人会 会長からのご挨拶
長太郎の(おも)いから40年!
全単会100社への希望の扉をおし開こう!
江口 秀雄(株式会社エグチ)
【令和2年度 法人局活動方針】
 2月の中間目標と8月の年度目標を確実に達成するため、単位倫理法人会の活性と充実を最優先事項とし、年間を通して普及に力点を置き、「ゆるぎない7万社」を実現する。

【令和2年度 法人局活動の重点】
 都道府県主要役職者は、各単位倫理法人会の状況を考慮し、更なる活性充実を図る。特に100社未満の単位倫理法人会に関しては、地域事情や人材育成等を鑑み、具体的な支援計画の立案・実施を図る。
◎正倫理法人会
  1. 100社以上の資格を満たしている単位倫理法人会は、更なる活性充実を目指す。
  2. 設立後、100社を割っている単位倫理法人会は、資格復帰を最優先に取り組む。
 来年40周年を迎える!事を成すに相応しい節目であり、このことを大義名分とする。
 千葉県倫理法人会の時は来た!今やらねばしていつできる。目指すは!
  • 元々のあるべき姿を目指そう!(100社は成果です)だからこそ、数を優先するのでなく!
    最優先するのものは、倫理法人会の醍醐味の実践です。
  • MS活性化=モーニング朝礼に参加する、職場の教養を読む、役を全うする、倫理指導を受ける、富士研セミナーの受講する、基本をマニュアルに沿って愚直に繰り返すことである。
  • 倫理実践者を増やし、自己革新をする。その先なるものは、明朗・愛和・喜働の精神による倫理経営へと繋がり、磐石な明るい社会づくりに貢献することになる。

【千葉県事業方針】
 千葉県倫理法人会の生みの親、滝口長太郎氏の創設の念(おも)いを引き継ぎ「県内全単会100社達成」の為の基礎作りの年度とする。その為に以下の活動方針と組織づくりを掲げる。

【千葉県活動方針】
 滝口長太郎の(おも)いを継承する。各単会は目標100社を目指し、その先に何があるのかを見据えた活動に終始し、その活動により得た成果から、多くの倫理実践者を生み出し、成長しながら、感動と達成感を分かち合う。

【組織づくり】
  1. 普及拡大委員会を各地区・各単会に設置する。
  2. 千葉県倫理法人会設立40周年実行委員会を設置し、記念式典、記念事業の他、長期ビジョン政策を担当する。
  3. 会の活性化を重視し、自ら考え、行動する組織にする。
  • 中間目標達成日(表彰)令和2年2月15日(土)県役員会
  • 千葉県目標達成日(表彰)令和2年6月6日(土)県役員会
  • 法人局目標達成日令和2年8月19日(水)
  • 千葉県倫理法人会設立40周年式典令和2年10月4日東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート
ページ先頭へ
千葉県倫理法人会役員組織図
 
ページ先頭へ
トップページへ

千葉県倫理法人会のトップページへ 千葉県倫理法人会のサイトマップへ